Webサイトの配色を考える

シェアする

以前ご紹介した、

雑誌からカラーチャート取得『Color of Book』

も直感的でわかりやすいインターフェイスでしたが、今日ご紹介するのもなかなか便利なサービスです。

Adobe kuler

英語サイトですが、Flashによる直感的なインターフェイスで、様々なカラーチャートを検索することができます。★マークによる人気度もわかりますし、クリックしていくだけでもいろんなパターンの配色が選べます。

またWebサイトによっては、文字が読みやすいかどうか、配色に問題がないかどうか、客観的に評価したい場合もあるかと思います。その場合、次のソフトウェアを使ってみてはいかがでしょうか?

富士通アクセシビリティ・アシスタンス

この中の、WebInspector(ウェブインスペクター)は、Webサイトのアクセシビリティ(どの程度利用しやすいか)を診断してくれます。
主に、高齢者や視覚に障害のある方にとって重要な問題を指摘してくれますので、例えば医療・福祉関係のサイトを構築するときなどにも使ってみたいですね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています