女子中学生・高校生の携帯活用に関する調査

シェアする

今日は自分用にメモです。

若い世代がどのように携帯電話を使っているのかが分かります。

女子中高生のケータイ利用に関する実態調査

赤外線による番号、メールアドレスの交換は私も何度もやったことがありますが、さすがに若い世代に比べるとその回数が少ないように思います。
逆に、「赤外線によるメアド交換方法を知らない(やったこともない)」という人は、知り合いの年齢層が高い人だけに集中していないか注意です(笑)。

QRコードの利用頻度については、おおよそ予想通りです。
携帯向けのサイトはURLが短いことも多く、手打ちでも結構いけますし、何より検索サイトからが王道でしょう。しかし、携帯サイトがあることを意識的にアピールしたければ、約半数がQRコードを利用する以上、貼っておいたほうがアクセス数は上がるかと思います。

おサイフケータイについては、私の予想よりも低い結果でした。
もう少し、EdyやモバイルSuicaの利用率が高いかと思いましたが、こちらはあまり利用されていないようです。
おサイフケータイについては、仕事であちこちの駅を利用したり、もともと自由に使えるお金が多い大人のほうが、身近で利便性を感じるサービスであるといえるかもしれません。

逆に、お小遣いの上限が限られている中学生・高校生には、ケータイクーポンの利用がより直接的な販売促進に繋がるようですね。

なかなか興味深い調査でした。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. 東内拓理 より:

    >>「赤外線によるメアド交換方法を知らない(やったこともない)」という人は、知り合いの年齢層が高い人だけに集中していないか注意です(笑)。

    ゲホッ、ゲホホッ!
    …だって infobar も talby も赤外線が搭載されてなかったし、iPhoneにしてからは手入力の方が早いし…。うひー

  2. BON より:

    赤外線を利用する機会が減少しはじめる30代ですね?(^^;)
    http://blogch.jp/up/2008/06/24110914.html