無線LANで使用している暗号をチェックしよう

シェアする

無線LANを自宅や中小企業のオフィスなどでも導入して、ノートPCに接続して使用しているところは多いかと思います。
ちょっとした打ち合わせスペースや、会議室でも、どこでもノートPCをインターネットに接続することができ、便利ですよね。

ただ、1点だけ確認してほしいところがあります。
無線LAN通信の暗号化に「WEP」を使っていたら、「WPA」などに変更しましょう。

以前より、「WEP」という暗号方式に関しては、暗号強度が弱いと指摘されていました。また、いくつか解読ツールも出回っていて、外部からの侵入を許してしまうことが懸念されていました。
さらに、最新の研究によると、約10秒で解読可能な方法も発見されたそうです。

「WEPは10秒で解読可能」、神戸大と広島大のグループが発表

対策としては、無線LANの親機(アクセスポイント)と、子機(パソコン)の双方を「WPA」などの暗号方式に変更する必要があります。
設定方法は、無線LANの親機のマニュアルに書いてありますので、それを参考にしてください。

なお、ニンテンドーDSはWEPにしか対応しておらず、WPAなどに変更するとネットワークに接続することはできません。後継のニンテンドーDSiは、WPAにも対応しています。ご注意ください。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています