しばらく眺めていたいサイト

シェアする

今日は力の抜けた記事を。

たまたまいろんな旅行サイトを覗いていたら、かっこいいサイトに出会いました。

多田屋
http://www.tadaya.net/

素晴らしい…。
画面遷移のときのレイヤーの重なり具合がなんとも…。
温泉旅館のHPですが、絵と音楽から受けるイメージだけで癒された気分になりました。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. もんで氏。 より:

    まったりしますね。
    こんなサイトが作れるようになると楽しいでしょうな。

  2. BON より:

    もんでさん、いらっしゃーい♪
    Flashでの作り方はわかるのですが、センスの良い絵を用意するのが大変そうですよね(^^;)。こういったFlashバリバリのサイト、最近作ってないです…(><;)。

  3. ひと より:

    この旅館聞いたことあるなーと思ったら思い出しましたー。

    日曜日にフジ(だったかな?)で放映しているノンフィクションで若女将と若旦那の奮戦記が取り上げられたことがあったはず。若女将ブログの花嫁のれんに見覚えが(笑)
    能登の大地震でかなりダメージを受けたようだったのですが、若女将ブログが力となり予約客食い止めになったそうです。HPに力をいれるようになったのはそのことも影響しているのかもしれないですね。

  4. BON より:

    ひとさん、いらっしゃいませー!

    温泉旅館も、客を呼ぶためには頑張っているのですよね。歴史ある老舗の旅館でも、今やインターネットで情報提供したり、メールでお客様のご都合を事前に伺ったり…。
    温故知新とでもいいましょうか、日本ならではの心遣いや季節感を取り入れたおもてなしはそのままに、新しい手法も取り入れていく。そのバランスが大切ですよね。