カーボンオフセットを考える

シェアする

カーボンオフセットという考え方をご存じでしょうか?

Yahoo!がわかりやすい解説ページを用意していますので、まずはこちらをご覧ください。

発展途上国で削減したCO2を、先進国がCO2排出権として購入し、打ち消す(オフセット)することを言います。
2050年までに50%削減・・・という話もありましたが、気長な話で、それより、今できることからスタートしてみる方が、よっぽどいいような気がするのは私だけでしょうか。

これは企業間、国際間だけの問題ではなく、個人でできることもありますよね。
個人でできることは何だろう…という疑問にはこれまたYahoo!が良い解説ページを用意してくれているので、こちらを見て下さい。
日本はフードマイレージが飛び抜けている等は知っていましたが、一人あたりのCO2排出量で一番大きいのがタクシーというのは知りませんでした。
じゃあ、今、「日本国内でタクシーが増えすぎて、商売あがったりだよ…」と嘆くタクシー運転手の皆さんは、高騰しているガソリンを消費し続け、環境にとって効率の悪いことを、ビジネスとしての「付加価値」が少なくなりながらも続けていらっしゃるということ?? …うーむむ、私も時々タクシーを利用させてもらっているだけに、ちょっと考えてしまいますね。

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています