基幹システムにもオープンシステムの波

シェアする

東証が基幹システムをLinuxを採用したというニュースが出ていましたが、数年前と比べると隔世の感があります。

私が大規模システムの開発に関わったときには、「Linuxなんて・・・!」という反応が当たり前だったのですが、今は検討しないほうがおかしいという状態になってきました。

その昔、ITバブルで踊らされていた企業も、「費用対効果」が明確になったものを選ぶようになってきていると思います。そのときに必要になるのが、社内にITの情勢に詳しい社員がいるか、信頼できるコンサルタントが付いているかです。

大事なシステム投資を、無駄にしないようにしたいですよね!

スポンサーリンク
ITコンサルタント日記_本文_336x280
ITコンサルタント日記_本文_336x280

シェアする

フォローする

こんな記事も読まれています